安曇野市「新庁舎」住民投票の会のブログ~住民投票AZ

aztohyo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 01日

11月 28日 署名簿の審査結果と市長のコメント

 安曇野市の選挙管理員会による審査結果が出ました。
 4396人分の署名簿を市に提出していましたが、審査の結果が公表されました。
 提出された署名のうち、同じ署名が複数あったり選挙人名簿に載っていない名前が書かれていたりして無効と判断されたものが210人分あったということで、有効分は4186人分でした。

 無効署名率は4.77%ですが、これは他の全国各地の直接請求署名にくらべ上出来の数字で信頼の高い署名活動が行われた証です。

 新聞等の報道によると、市長は自らの公約違反は棚に上げて「民主的な手続きに沿って進められている新庁舎建設に、今さら住民投票は必要ない。」と発言しているそうですがこれほどの民意を無視して“民主的”とはいったいどういうお考えなのでしょうか?

 新庁舎建設反対ではなく「住民の意見を聞いて下さい」という条例請求なのに、はじめから民意を聞く気がない、ということではとても「民主的」とはいえません。

 安曇野市議会の議員諸氏に於かれましてもよくよくお考えいただき、12月議会に臨んでほしいと思います。

(安曇野市条例制定請求代表者代表 布山 徹)

NHK長野ニュースより
http://www.nhk.or.jp/lnews/nagano/1014243521.html

[PR]

by az_jumintouhyou | 2011-12-01 19:09 | 今日の動き


<< 12月 6日 住民投票条例案を...      11月 11日 署名簿提出 >>